« 「うまバカ日誌」 | トップページ | 中山記念ゴール前 »

2014年2月28日 (金)

「うまバカ日誌」

「うまバカ日誌」
88回目を祝うかのように
今年の中山記念は
一線級のメンバーが揃った。
めでたいことである。


桜花賞馬・アユサンや
古豪の域に入った
ダークシャドウ、
サダムパテックは
このメンバーゆえ、
無印になるかもしれない。


重賞勝ちがないのは
エアソミュールただ1頭だけ。
といっても
この馬もすでにオープン特別を4つも勝っており、
重賞勝ち相当の成績を残している。

重賞はこれまで5戦し、
11、12、4、10、11着。
折り合いが難しく、
力負けというより不完全燃焼。
おじさんにあたる
エアシャカールの
激しさを受け継いでいる。

しかし、ここ2戦は
コントロールが利き、
いよいよ本格化を予感させる内容。


一線級メンバーであるが、
これまでと違い
完全燃焼するレースを見せてくれるのではないか。


木村季康

|

« 「うまバカ日誌」 | トップページ | 中山記念ゴール前 »