« 東京競馬再開 | トップページ | 雪残る東京競馬場 »

2014年2月17日 (月)

「うまバカ日誌」

「うまバカ日誌」
雪のため仕切り直しとなった
東京新聞杯は
6歳牝馬のホエールキャプチャが制した。

東京コースと好相性も、オス馬相手に57キロの
斤量が嫌われたのか、
8番人気の評価。


しかし、
最後の直線は
馬群の外から各馬を一気に抜き去る
鮮やかな勝ちっぷり。


オルフェ世代の歴戦牝馬が
混戦を断ち重賞5勝目を飾った。


1番人気コディーノは0秒2差の4着、
2番人気ショウナンマイティは
10着に終わった。


木村季康

|

« 東京競馬再開 | トップページ | 雪残る東京競馬場 »