« キム特「JC30年」 | トップページ | キム特「おかえりルドルフ」 »

2010年11月26日 (金)

キム特「JC、京阪杯」

1着賞金2億5000万円をかけ、
第30回ジャパンカップが28日、日曜日に行われる。


日本馬は現役最強クラスが揃った。
外国勢は8頭参戦。
ビッグネームはいないが、
過去のJCでは下馬評の高くない馬がたびたび好走してきた。

去年はウォッカが高速決着を制した。
今年は去年のリーチザクラウンのようなタイプは不在。
瞬発力勝負か。

3歳勢には上がり勝負を好物にしている馬がいる。
もちろんブエナビスタは
展開不問の強さがある。

もちろん時計が遅くなれば
外国勢含め、多くの馬にチャンスが出てくる。

ゲートが開いてゴールまでに入る2分あまりの時間をどう推理するか。
競馬の醍醐味である。


一方、京阪杯は
エーシンダックマンが
ハイペースで疾走するのはまず間違いなく、
消耗戦必至。
小回りでも去年のような差し追い込みの出番は十分。
面白くなる。

木村季康

|

« キム特「JC30年」 | トップページ | キム特「おかえりルドルフ」 »