« いよいよGI! | トップページ | キム特「船橋法典駅より」 »

2009年2月23日 (月)

キム特「堪能」

GⅠフェブラリーS、
土曜日のクイーンC、京都記念。

どれも好レースでした。

ダート界の世代交代はまだ先だろうと個人的には思っていたのですが、
サクセスブロッケン、
カジノドライブの
4歳馬でワンツー。

ゴール間際まで白熱しました。
佐藤哲三騎手・エスポワールシチーがよどみなく引っ張ったこともあって、
スリリングな展開。

先行した馬がそのまま残ったにも関わらず、
「行った行った」の感がないのはこの流れにあったのでは。


去年秋の天皇賞もそうでしたが、速く流れたほうが馬の力が存分に発揮されておもしろいです。


京都記念も久々にヴィクトリーが快調に飛ばして最後はアサクサキングスとサクラメガワンダーのたたき合い。
アドマイヤオーラの除外はあったものの、レース内容には伝統の重賞らしさがありました。


クイーンCは人気のミクロコスモスが左右前からふたをされて4着。

進路を探し続けた武豊騎手とそれを阻み続けた各ジョッキーの争いは見応えがありました。


これだけ堪能できたのも
最終週と週末の降雨で芝が適度に荒れていたこと、
ダートも適度に水を含んでいたおかげだと思います。


来週は東は中山、
西は阪神へ。
競馬の暦も春です。


木村季康

|

« いよいよGI! | トップページ | キム特「船橋法典駅より」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キム特「堪能」:

« いよいよGI! | トップページ | キム特「船橋法典駅より」 »